男女

大腸がんについて理解して早期に発見~ドキドキ検査で健康生活~

がん細胞を排除する

女性

副作用の心配がない

がんの治療に対しての研究は、多くの人が工夫をしながら支えているのです。そのような研究の成果で最近は、樹状細胞療法をがんの治療に取り入れることが多くなっています。樹状細胞療法は、副作用がかなり少ないことが特徴で体力がないお年寄りの方でも、気軽に治療ができるのです。樹状細胞療法は、患者さんから取り出したがん組織を、樹状細胞に教え込むのです。そうすることで樹状細胞が、再び体内に投与されたときに、その教えられたがん細胞を、免疫細胞であるヘルパーT細胞や細胞性障害性T細胞に伝えてあげるのです。そうすることで、これらの免疫細胞が身体中を監視して、がん細胞を見つけ出し排除するのです。ですから薬の投与はないので、副作用の心配がなくなるのです。

相乗効果に期待

どんなに健康診断を受けていても、がんを発見するのは難しいことです。ですからなるべくがん検診を受けたりして、早期発見をすることが重要となってきます。他の病気に比べて、がんの怖さはとても大きいものなので、注意をしておくと良いでしょう。早期発見のがんであれば、樹状細胞療法はとても高い効果を発揮します。樹状細胞療法は、どのようながんに対しても効果が期待できますし、身体中の隅々までがん細胞の有無を調べてくれるのです。また、発見が遅れた大きいがんに対しても、効果はあるのですが、抗がん剤のように急激に小さくするような即効性は期待できないのです。ですから最近取り入れられている治療方法としては、抗がん剤等を使った化学療法と、免疫システムを上手に使った樹状細胞療法の相乗効果に期待しています。