男女

大腸がんについて理解して早期に発見~ドキドキ検査で健康生活~

最近を攻撃する味方です

笑顔

新しく発見された療法です

怪我をしても自然治癒力の力で傷口が治るように、体の中にウィルスや細菌に感染すると、感染細胞を攻撃して修復する治療法があります。ナチュラルキラー細胞はNK細胞とも呼び、体内に侵入してきた感染細胞や特定の病気に反応し、自ら攻撃して完治させる能力を備えています。このNK細胞療法は比較的新しい研究成果から生まれました。体内にあるリンパ球には、T細胞やB細胞と呼ばれるもの以外にナチュラルキラー細胞という免疫細胞が1975年に発見されています。生まれた時にはNK細胞は持ち合わせておらず、生長の過程で生まれ、体内の自己の細胞とそうでない細胞の区別や、がんのような自分の細胞が変化したものを見分けられるようになります。NK細胞療法はこの特性を使って治療を行います。

徐々に免疫力が弱まります

NK細胞療法で利用するナチュラルキラー細胞は、がん細胞やインフルエンザなどの感染細胞を自分の体の一部とは違うものとして認識する能力を学習しながら成長しています。リンパ球に占めるナチュラルキラー細胞の比率は幼少期ではごくわずかしかなく、加齢に伴って量は増加するものの、免疫能力が徐々に衰えていきます。そのため、幼すぎたり高齢になるとNK細胞療法がうまくいかないこともあります。高齢者のがんの発症率が増えるのはNK細胞という心強い味方が欠如するためといえます。無理な生活環境が免疫力を弱め、健康を乱してしまうことがあります。ナチュラルキラー細胞を活性化させるためには、日頃から適度な運動やストレスを溜めない環境を作ることが大切です。